2008年06月07日

2008年しまなみ海道100kmウルトラ遠足 2 「向島から生口大橋へ」

<<承前>>

いよいよ向島に入ると島内を走っていく。次の24.5km第5エイドではスイカが出てきた。これはうれしい不意討ちじゃわい、では京極さんになってしまうが(笑)、無類のスイカ好きにはうれしいプレゼントだ!まだスイカもそんなに安い時期じゃないのにね。富里スイカロードレースまでまだ2週間あるが、もうむさぼるようにスイカを食べた。

shimanami15.jpg

エイドを後にすると島内の道を延々とランニング。実は10kmぐらいのところから感じていたのだが、どうも体調があまりよくない感じだ。それがこのあたりに来ると顕著に表れてきた。7min/km台で走っている程度なのに、息が上がって心拍数が160前後になっているのだ。

これまでの徹夜の影響?でも昨晩はそれなりに熟睡した。疲れの蓄積?ないとはいえないだろうが、それにしては昨日のジョギングと状況があまりにも違いすぎる。昨晩の酒が残っている?自分にしてはそんなに飲んでないし、そういう状態の症状とは違う。

この疑問は中間地点であっさり解決するのだが、そこまでは真剣に体調不良によるだるさが精神的にもダメージを与えた。次のエイドまでが遠く感じて、途中自動販売機で炭酸飲料を買って休む。気合を入れて走りだすと、道路を走る車からも声援をもらったりする。

ようやく海が見えてきて海沿いの道に入る。

shimanami16.jpg

右手に面白い形の奇岩がある目に楽しいコース。左にカーブしていくと、その向こうに因島大橋が見えてくる。

shimanami17.jpgshimanami18.jpg

橋の手前には29.0kmの第6エイド。おにぎりやバナナを撮影していると、エイド・ステーションの方が、

「写真、撮ってあげましょうか?」

と言って、撮影してくれた。感謝感激。

shimanami19.jpg

そしていよいよ今度は全長1,270mの吊橋である因島大橋へ。ここも前の尾道大橋以上に長く高い階段を登らないとたどり着くことができない。しかしまだまだ2つ目の橋だ。ここでへこたれるにはまだ早い。

shimanami20.jpgshimanami21.jpg

この橋は上部が自動車道、下部が自転車と歩行者という2段構造になっている。橋から外を眺めるには安全対策であろう網状の格子がちょっと邪魔だったが、潮風は楽しむことができる。外を眺めながら走ると、今実際に海を渡っているという実感があるからうれしい。

shimanami22.jpgshimanami23.jpg
shimanami24.jpg

因島に入るとなだらかな坂道を蛇行しながら海岸の方へ降りていく。遠くで、ど〜ん、ど〜んと低い音がこだまする。どうやら太鼓の音のようだ。歩みを進めるにつれてその音は次第に大きくなっていく。海岸近くにおり立った大きな公園、そこは34.7kmの第7エイド、アメニティー交流館だった。入り口でほら貝を吹く女性、そして2人の女性が大太鼓を鳴らしていた。

shimanami25.jpgshimanami26.jpg

このエイドではオレンジを目の前で生絞りしてくれたジュースをふるまってくれる。このジュースのおいしいこと!生き返る気分だ。トマトとニンジンの野菜ゼリーなんかもあって、思わずちょっとくつろいでしまった。

shimanami28.jpgshimanami27.jpg

後ろ髪を引かれる思いでエイドを後にして出立。少し海岸沿いを走った後は島の内陸部へと足を勧めていく。

レース・ナンバー・ベルトのナンバー・カードは、はためいたり腕振りの邪魔にならないかと心配したが、それは杞憂だった。ナンバー・カードがA5版と小さめで硬めの材質だったというのもあるだろうが、ほとんど走る上で問題なし。いざという時のためにナンバー・カードの下部に張った安全ピンも錘になってよかったのかもしれない。

体調は、相変わらず心拍数が高いままでしんどい感じ。エイド間の距離がとても長く感じる。待ち望んでいた40.1kmの第8エイドに着くと、麦茶をかけつけ3杯。みかんが入った手作りゼリーを食べて一息つく。まだまだフル・マラソンの距離も走ってないのだ。物理的距離だけでも残りの方が長いし、体力の消耗を計算したらその何倍も残っている。

shimanami29.jpg

そこから見えるのは橋長790mのファン形斜張橋である生口橋。

shimanami30.jpg

ここではぐるりと回りながら長い長い坂を登っていく。さすがにもう半分以上歩きが入ってくる。

途中の公園で観光客らしい男性がひとり休んでいた。水飲み場で水を飲んでると、

「どこから走ってきたの?」

と優しく声をかけてくれた。

「福山からです」

にこやかに答えると、

「・・・・・・福山!?・・・・・・で、どこまで行くの?」
「今治まで走ります」
「・・・・・・今治まで・・・・・・すごいねえ」
「はい。なんとか走れればと思ってます。では」

そう言って一礼すると、にこやかに手を振ってくれた。

いよいよ生口端の入り口に到達。大きく深呼吸すると腕を意識的に振って橋を渡る。ここからの橋は、どれもこれまでの2つよりも眺めがいい。また風が心地よく、橋の上では心理的にも一瞬不調が治ったかのように錯覚する。

shimanami31.jpg
shimanami32.jpg


<<続く>>



posted by サンタパパ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。