2008年07月05日

ニュー・シューズ ニュー・インソール

光陰というのは放っておけば矢のように流れてしまうもので、気がついたらもう7月。今年も半年が過ぎ去った。早いもので、年をとってからの時間と悪事の積み重ねは転がり落ちるように進んでいく。まるで秋の陽の鶴瓶落しのごとし。

とりあえず月末の楽しみである六本木でのライブの準備もいくらかはしないといけないので、今月もどれだけ走れるのか難しいところ。

この半年、貧乏ヒマなしとはよく言ったもんで、多忙により思ったより走れてなかったので、どんな具合かと調べてみたら、やっぱり思うほど走れてなかった(苦笑)。

月--ジョギング日数--(大会--練習)--(平日--休日)

01--12--(06--06)--(03--09)
02--08--(03--05)--(04--04)
03--09--(06--03)--(00--09)
04--08--(06--02)--(01--07)
05--12--(04--08)--(04--08)
06--10--(06--04)--(01--09)
計--59--(31--28)--(13--46)

(※大会は30回だが、2日に渡ってのものが1回)

平日は月に2日走れればいいといった典型的な週末ランナーですな。後半はもう少し昨年程度でいいので時間が出来ると嬉しいものだ。

今日は昼からアスリートクラブに行って、先日作ってもらったインソールと、選んでもらったシューズを取りに行く。帰宅すると、試し履きで軽くジョギング。気温は16:00前でも30℃。体調があまりよくない感じで、心拍数ががんがん上がるので、夜行バスの時間もあるし、ヘタレな自分は軽くジョギングするとさっさと切り上げた。結局、7.22kmを46:37。そういえばフランチャイズの江戸川を走るのも5月以来だ。

初めて幅が広いシューズを履いたからか、これまでのものに比べるとちょっとぶかぶかな感じがする。超長距離というリクエストに応えてか、インソールもアーチを上げてふわふわな印象。このぶかぶかふわふわが新しい感覚で慣れないが、慣れてくると長い距離でも足が楽になるのかも。とりあえず明日の続・忍者武術大会 山城編でのマラニックに使ってみようと思う。

newyork.jpg

ラベル:シューズ
posted by サンタパパ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョギング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。