2008年12月24日

Polar RS800CX MULTI

いろいろと悩みぬいた末に清水の舞台から飛び降りるつもりで、クリスマスプレゼント兼佐渡島一周への自分へのごほうびとして、Polar RS800CX MULTIを買った。

先代のPolar S625Xのフット・ポッドが第8回陣馬山トレイルレースの走行中に外れて奈落に落ちたてしまったのだが、その後フットポッドを買いなおすか、新たに新兵器を投入するか随分と悩んだ。Polar S625Xは割と気に入っていたが、購入後2ヶ月で高度計が使用不能、最近では心拍数をロストすることも多く、フット・ポッドも漏電だか知らないが、第10回長野オリンピック記念長野マラソンあたりから原因不明で電源が落ちたりして、最近は特に頻繁にようになった。加えてS625Xは自分で電池が交換できず、メーカーに送っている間は使用できない。

また割とレースではいろんなところを走るので、GPSにはちょっと色気があった。となるとガーミンが欲しくなるところだが、調べると充電式で連続使用可能時間が8〜10時間。これではゴールするのに13時間程度かかる私では途中で使用不能になってしまう(涙)。

そこで調べて出てきたのがPolarの RS800CX MULTIで、GPSセンサーがフルパワーで10時間、ローパワーで15時間、しかもいざとなったらレースの途中で単三電池を交換すればいい。 GoogleEarthでルートの軌跡も表示できるということで、他には選択肢がなくなった。使用感は先代のS625Xと似ているのである程度は直感で使えるが、ただ日本語マニュアルが貧相なうえに凶悪的に判りにくく、helpの英語と日夜格闘中(涙)。


rs800cx.jpg


タグ:グッズ
posted by サンタパパ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111819081

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。