2009年01月25日

第57回勝田全国マラソン大会

「君よ勝田の風になれ」ということで第57回勝田全国マラソン大会に参加。今年2回目で2週間ぶりのフル・マラソン。


昨年この大会でフルの自己ベストを出したという縁起のいい大会でかつ、これで足底腱膜炎になったという縁起のよくない大会なのだが、実は今年は河岸を変えて、海辺の景色がいいという館山若潮マラソンに参加する気でいた。ところが友人の某氏が初河口湖で初フル挑戦予定を変更して勝田で走ると聞いたので、旅は道連れと一緒に走ろうと思い、今年も勝田全国マラソンにエントリーした。

最近は大会でジョグノートなどの友人と会う楽しみも多く、えどがわ〜ズの面々に、今回もMKPさん、WWさん、NBYさん、仙台から MIKさんらがいらして、お会いすることができた。その中でも、佐渡一周エコジャーニーマラソンで同室になって、206kmのレース中に何度も遭遇したり一緒に走り、出張でシドニーに行っているマラソンマンさんが、遅い正月休みを兼ねてこの大会のために帰国してきたのは大きな楽しみのひとつだった。私にとってとって佐渡一周は特に思い入れがあった大会で、その時に参加された方の何人かは「戦友」だと思っていて、今も連絡を取ったりしている。果たして受付をすませてしばらくして電話で連絡を取り、マラソンマンさんと久々のうれしい再会。聞くとサブ・フォーで着替えてフレッシュひたちに乗らないと、シドニーに戻れないらしい(苦笑)。結論からすると、無事に達成して予定通りにシドニーに戻れたようだ。よかったよかった。

この勝田全国マラソン、えどがわ〜ズ総帥が「男祭り」と名づけたように、なぜか女性参加率が少ない大会(笑)。今年はフル・マラソンエントリー8,000 人中、初めて女性が1,000人を超えたと場内放送で誇るように何度も言っていたが、それでもせいぜい12%程度である。またこの大会はサブフォー達成率も高いらしい。小刻みにアップ・ダウンはあるものの、大きな坂はあまりないというのもあるだろう。

朝8時に受付をした時には息も白く気温が低かったが、空は雲ひとつない快晴。スタートは11:00というマラソンにしては遅い時間なので、気温も次第に上がってくる。

参加者が多いので20分前にはスタート位置に移動。結局一緒に走ろうと思った某氏は「後で電話します」と言ったっきりで会えず仕舞い(苦笑)。まだリハビリテーション中なので、例によってダッシュ厳禁、違和感でリタイアを心に刻み「4時間以上」の場所に並んでスタートを待った。スタート地点や会場内のスピーカーからは、ずっとアナウンスが流れる。この司会の方、朝の8時に着いた時からずっとしゃべりっぱなしで、「しゃべり続けていないと死んじゃう病」なのではないかと心配してしまうぐらいだ。ちなみにゴールした後も、ずっとしゃべり続けていた。

11:00にスタートするが、やはりスタート位置までのろのろと5分程度かかる。焦らずゆっくりとスタート地点まで行くと、ゆっくりと走り出す。昨年も走っただけあって、勝手知ったるコースなので気は楽だ。前回は10km過ぎまでは4km付近になる私設給水所以外に水を採る場所場ないので、そのつもりで走る前に水分も補給した。足の調子は前日もあってか、ちょっと重い感じ。だが、5kmを過ぎたあたりから、いい感じに軽くなる。まずまずの出足。

2009katsuta01.jpg

10kmをちょっと過ぎたところで、頭にアンテナをつけた応援を発見。大きく手を振る。”歌はサブスリー”のえどがわ〜ズのKちゃんだ。写真を撮ったり写真を撮ってもらったりして、ちょっと立ち話。先週のサンスポ千葉マリンマラソンに続いての応援もあって、うれしさにパワー50%増しになる。

12kmを過ぎたところの大きなアップダウンを越すと、後は小さなアップダウンのみ。今の足の状態では下りでスピードは出せないが、上りはいい感じで走れたのが気持ちよかった。大きな大会なのに、途中何ヶ所か信号があるのはいただけないが(苦笑)。

2009katsuta02.jpg

それにしてもこの大会、1〜5kmまでは1kmごとの表示で、それ以降は5kmごとの表示があるのだが、たまの交差点や曲がり角に、中途半端な距離表示があるのがなんともいえないもやもやを感じさせる(笑)。

2009katsuta03.jpg

昨年同様、応援と私設エイドもどんどん増えてくる。バナナやみかん、チョコレート、飴、クッキーなどが次々に差し出されて、とても全部は取りきれない(笑)。たまにバナナを食べながら、チョコレートを中心にもらっていく。これだけチョコレートを食べたのは○○歳のバレンタイン・デー以来だ(かなり誇張あり)。残念ながら景色は単調であまり楽しめないが、中間点まではそこそこいいペースで走れた。

ところが25kmあたりから右膝の内側が痛くなってくる。練習再開以来、体重増とそれまでの練習不足でじっとしている時は軽く痛みを感じていたので、ここのところずっと注意していたところだ。いぶすき菜の花マラソンの時にも走っている時は痛くなかったのだが、ちょっと負荷がかかってきた雰囲気だ。ぐっとペースを落とすと、その後の痛みの状況によって判断を下すようにしようと考える。この大会は勝負レースではないが、来週ハーフを走った後はしばらくレースはお休み。DNFか続行かは、そのあたりとの兼合いになるだろう。

昨年は30km過ぎでトイレに駆け込んでしゃがんだが(それでも自己ベスト(苦笑))、今年はいい感じに走れてる。ただ昨年も今年も、30km手前にあるという豚汁の場所を見つけることができなかった。まさか、私が来たらさあっと隠しているんじゃないだろうな?(←被害妄想)

2009katsuta04.jpg

膝の具合を気にしながら小まめなアップダウンをトコトコと走る。途中のエイドでの暖かいお茶がありがたい。昨年は経験しなかったが、この大会は4時間を過ぎると歩道を走ることになっている。周りの半数が歩き出す中、トコトコと歩道を通ってゴールを目指して進んでいく。なんとかこのペースだと足ももってくれそうだ。

道の反対側の40kmの表示を横目で見ながら走って残り1.5kmになった時、どこかで見たお方が歩いているのとすれ違った。「白滝さん?」と声をかけるとやはりフリーペーパーSTEPの編集長ご本人。年末年始の多忙で走れなかったので勝田はエントリーしながらもDNSだとは聞いていたが、話を聞くと練習がてら25kmまで走って終わりにしたらしい。一度着替えてからゴールを目指しているスタッフの応援にゴールから逆に歩いていたところだそうだ。軽く立ち話とあいさつをすると、ラスト1.5kmの旅に戻る。

ゴール前で今度はえどがわ〜ズのTKさんと走りながらちょっと話をしてから、やっとのことでフィニッシュ。西に大きく傾いた陽がまぶしいぜ(苦笑)。右膝は歩けるものの曲げないでも痛みが出るようになり、少し悪くしちゃったので今週はちょっと様子見かな。

2009katsuta05.jpg

預かってもらった荷物を受け取ると、着替えてえどがわ〜ズの打上げに参加。打上げが始まるまでにちょっと時間がかかったが(苦笑)、応援のメンバーも含めて同じ時間を共有した者同士で楽しく乾杯。気がつくと随分遅い時間までわいわいやっていた。

経つと早いが、ひとつひとつの出来事はたっぷりな1日のことよのう。

ところで頭の中でずっとぐるぐる回っている「風〜に〜な〜れ〜」というフレーズ、どうにかならないだろうか(笑)。


第57回勝田全国マラソン大会
日時2009/ 1/25(日)
場所茨城県勝田市 石川運動ひろば
天気
距離フル(42.195km)
タイム4:53:54(NET)



posted by サンタパパ at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日曜はお疲れ様でした!
日本時間の翌朝7時に無事シドニーの自宅に到着することができました!
14時間の長旅でした、、、
こっちの祝日にあわせてまた日本のレースに参加したいと思っています。
そのときはよろしくお願いいたします〜
Posted by マラソンマン at 2009年01月29日 22:15
>マラソンマンさん

どうもおつかれさまでした!久々にお会いできて本当にうれしかったです。また間に合ってよかった〜〜〜。長旅、ご苦労さまでした。

ぜひまた帰ってきてくださいね。楽しみに待っています(^^)。

Posted by サンタパパ at 2009年01月31日 20:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113324881

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。