2009年02月03日

5 questions

走り始めてから丸2年。早いようで内容の濃い2年だったと思う。

右膝の方は普段歩かないといけないので、まだ痛みは快方に向かわない。あせっても仕方がないんで、気長に治るのを待つしかないね。


友人がランナーのマナーについて仲間にアンケートとをとっていたので、どうせならと、この場に思うところを書いてみる。大事なポイントはスポーツマンシップということと、自分のことだけを考えていないかという点かな。


Q1.スタート位置は適正な位置からスタートする

スタート位置を適正な位置からスタートしてない人って、自分から見たらシークレット・ブーツ(セッシュウ)履いてるみたいなものかなと思う。自分の持っている実力以上のものをゲタに頼り、本人と仲の良い友人しかそのことを知らず、でもわかる人にはわかってしまったりして、しかも私には興味のない世界だ(笑)。

自分自身は適正か適正より後ろに並んで走ったことしかなく、適正より前から走ることにはまったく興味はない。ただ、遅い人が前に並ぶとスタート時に混雑がより乱れて危ないというのもあるだろうね。

目標時間ごとに並ぶ大会ではないが、一度まん前に並ぶ羽目になった大会があったが、あれはカメな私には非常につらかった。

逆に第7回24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしまの12時間個人走荒木又右衛門鍵屋の辻の決闘マラニックなんかでは、みんな「どうぞ」、「どうぞ」といって前に並びたがらなくて困っていた(笑)。


Q2.DNSした人の代走を行う

これはマナーではない。だいたいほとんどの大会規定で禁止が決められている(保険もない走友会主催だとなかったり、代走も自由だったりするものもあるようだ)。「自己責任だったらいいんじゃないか」とか思っているおこちゃまもたまにいるが、だったら大会事務局に「自己責任で出ます」って言って堂々と出れば?

代走禁止なのは記録などもさることながら、事故があった時の救急処置の緊急連絡先や血液型などが違っていると二次災害で人の生死にかかわりかねないこともあるだろう。体調の面でも初心者のみならずベテランだって無理して悪くなることも多いし、大きな大会では救急車が何度も出るのはほとんどお決まりだし、場合によっては一昨年の第19回静岡県袋井クラウンメロンマラソン大会のようにヘリコプターが出動することだってある。自分がいくら気をつけてても後ろから押されたり、車が突っ込んできたり、昨今の通り魔みたいなことが起こることも少ない可能性ではない。

そして事故の時には代走者でなくてDNSの家族に連絡が行くのだが、危急のことに駆けつけたその家族は?そして代走者の家族は?倒れた人の血液型が違ってたら?スポーツ保険は?代走が判ってしまった場合、ただの市民マラソンの記録の点だけでも昨年の焼津みなとマラソンでニュースになるぐらいだし、怪我が元で代走が明らかになっりした場合、昨今のバッシングや慎重な対処の傾向を含めると場合によったら大会の存続さえ危ぶまれる可能性があるのでは?そういうことをすべて責任を取れるつもりになれるのって、あんたはどこの世界大統領様だ?と思ってしまう(苦笑)。もっとも自分の尻もふけないおこちゃまに限って自己責任なんて言葉を使いたがる傾向にあるのだが。

ちなみに昨年10月の手賀沼エコマラソンでは友人のIさんがゴール後に立てなくなって救護室に運ばれたが、速やかにナンバーカードで救護を受けていて、規定に沿う大事さを改めて認識した。


Q3.音楽を聴きながらレース参加

陸上競技連盟の規定では走ることに対する補助という意味で禁止だが、市民ランナーとしては微妙なところ。私自身は音楽を聴きながら走る市民ランナーだが、元々走らない時にも普段からボリュームは上げない人だし、むしろ突っ走って周りが見えないランナーよりも周りを見て愛想を振りまきながら走っているのは、私を知る方々ならご存知のとおり。外からシャカシャカ音が聞こえるようなボリュームで走っているランナーは論外だけどね。

海外では音楽を聴きながらレースをする市民ランナーは多いとも聞いているが、また禁止されているレースもあるとも聞いている。


Q4.レース中に補助食の途中破棄

道に途中放棄は論外だが、ビニールカッパなんかも含めてエイドにお願いすることはある。エイドで立ち止まらないタイプのランナーではないからね。自分の場合、ジャーニーランの時なんかは後ろに荷背負ったバッグもあるし、エイドかゴミ箱まではしっかり持って走っている。


Q5.ALLSPORTSの写真無断取得

自分のPCに保存して楽しむのは著作権法上も問題はないが、多分そればかりだとALL SPORTSの写真単価がますます高くなるか、ALL SPORTSが成り立たなくなる可能性も。個人的にはよく成り立ってるなと感心しているのだが。私はご存知のとおり、これまでにもいくつの大会でたまに買っている。


タグ:物言い
posted by サンタパパ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113697971
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。