2009年02月15日

第43回青梅マラソン

やって来ました、青梅マラソン当日。

この大会は運動音痴で走ることを毛嫌いしていた頃の私でも名前を知っていたぐらいの有名な大会であり、走るようになってからは一度は参加してみたい大会だった。昨年は気合を入れて前日受付を行ったものの、当日は大雪で中止。新宿まで様子見で出てきたものの、結局夜にバンド仲間とカラオケ大会になってしまったことも記憶に新しい(苦笑)。

もっとも昨年も前の週に勝田全国マラソン大会で痛めた足底腱膜炎の影響で、当日朝まで待ってDNSを決断したので、大雪はこれ幸いだったのかもしれない。

今年は東京マラソンが3月になった影響で、青梅マラソンの開催も2月頭から例年の2月中旬に戻ったが、またもや勝田全国マラソン大会の時に故障した右膝内側側副靭帯の炎症の具合が思わしくなく、ようやく歩けるようにはなったもののとても走れるような状態ではない。これはDNSで応援に回るか、雰囲気を楽しむために数100mだけでも走ってみるか、当日の様子で決めることにした。

天気は昨年とはうって変わって快晴の上に、昼頃は気温も上がって暑くなる様子。今年は前日受付をしなかったので、10kmの応援もできるようにと8:00過ぎの現地到着を目指して夜明けに家を出る。電車を乗り継いで河辺の駅で降りると、ホームは溢れんばかりの人で大混雑。それはそうだろう。新聞によると10kmの部が5321人、30kmの部が1万7959人と過去最高の参加者だという。時間帯によっては後の列車が前の駅で足止めになったそうだ。また着替えの体育館もトイレ待ちもかなりの混雑だったらしい。この参加人数だと大会主催者側もただ増やすことだけを考えるんじゃなくて、駅で事故が起こる前にインフラストラクチャーの容量も考えるべきなんじゃないかなあ。例えば人を増やすのなら、新宿からの直行シャトルバスの運用などを考えるとかね。

受付を済ませると、来者如帰の方々と待ち合わせ。時間に余裕があるのでゆっくりと用意をすると、間もなく10:00に10kmの部が開始。スタート時独特の華やかさが気分を盛りたてる。そして30分もすると、もう先頭が帰ってきた。沿道で10kmの参加者を応援。元気に走る姿からパワーをもらう。

30kmのスタートは11:50。私はなんぞ怪人○○面相の類似品みたいなナンバーなので(笑)、スタート位置に並ぶためにはずうぅ〜〜〜と後ろまで行かないといけない。右膝に薬を塗ってサポーターを巻くと、自分のスタート位置に向かう。しかし回りは人、人、人と人だらけでびっくり。これだけびっくりしたのは、福岡出身の私が「東京に就職で初めて来た時に福岡銘菓ひよ子が東京の駅でなぜか普通に東京土産として売っていた」ことを目撃した衝撃に近いかも(笑)。東京マラソンも人数としてはもっといたものの、あちらはまだ道路も広かったので違和感がなかったが、ビルの間の普通の2車線に1万8000人は壮観というか無茶というか(苦笑)。

ほけ〜〜っと歩いていると、何人かの友人が見つけてくれて声をかけてくれた。11:30に自分のスタート位置に向かったのに、混雑もあって着いたのが5分前。1km近く歩いたようだ。

まもなくスタートかな?と思ったら、なんか前の方で拍手が。どうやら号砲が鳴ったらしい。花火もあがらず、後ろの方からはなんともスタートしたのやらしないのやら、気の抜けたスタートだった。やがでぞろぞろと列がうごめきだす。足を痛めている分、ゆっくり動くのはむしろ好都合。とりあえずバラけて走り出す頃にはリタイアしようと思いながら、のそのそと歩き出す。しかしなかなかスタート地点に着かない。スターターの乗ったイントレにたどり着くまで約10分。ここでやめてもまだスタートしたことにならないしなあ(笑)。

人の列は団子状のまま、ゆっくりと駆け足状態になっていく。久々の大会の雰囲気が懐かしい。とりあえず1kmあたりまでは行けそうかなと思い、足に負担をかけないようにしながら前へ進んでいく。はたして太鼓の音が聞こえる1km付近の曲がり角がボトルネックになっているのか、列は一旦停止(笑)。抜けるに抜けられないし、この様子だともうちょっと行ける。

やがてまたゆっくりと動き出した人の群れは駆け足から早足になっていくと、次第にばらけてくる。2km付近で松村和子の「帰ってこいよ」がかかるのを聞きながら、「すぐに帰るけんね」と心で返事する(笑)。

駆け足から走るようになってくると、足はちょっと気を抜くと痛みが出てくる。後先を考えずに走るだけなら無理すればまだまだ行ける感じではあるが、これが本命レースではないし、ここでも無理が元で3/7のお台場で走れないと元も子もないので、3km地点でリタイアを決める。3kmの表示が見えると、脇にそれて深呼吸。ナンバーカードを外した。自己スタート地点から3.91km。迷子での自己申告DNFはあるが(笑)、まっとうなDNFは初めての経験だった。

今回、実はもうひとつの隠された野望があって、一度選手収容車に乗ってみたいということだった。スタート位置に戻るのに、後ろに続くランナーの列とすれ違いながら、スタート地点へ歩んでいく。最終ランナーの後には、パトロール・カーと大会役員車。その
後ろに・・・・・・。

え?収容車、来てないやん?(苦笑) 

収容車自体はバスがあるしずっと後になって見たのだが、まだ最初の方はスタートに近いし第一関門が折り返し地点だったので、どうもまだ走ってなかったようだ。これも緊急事態だったら救急車が走ってくるようなのだが、一応曲がりなりにも歩ける状態だしねえ。途中でお会いしたスタッフにナンバーカード裏のトルソータグをお渡しすると、更衣室に借りた事務所までひょこひょこ戻る。ヘタレなもんで悔しさはあまりないが、完走ストラップをもらえなかったのは残念!(笑)

30km参加者の(多分)誰よりも早く戻ってきて、ビールをくいっと飲むと、のど自慢〜新婚さんいらっしゃい!〜パネルクイズアタック25と、すぐ間近で人が一所懸命坂を登って30km走っている最中に、日曜日昼下がりの最強コンボの番組をのほほんと見て(笑)、14:00から戻ってきた30kmランナーの応援。悲壮な顔、余裕のある顔、中には限界まで身体を酷使したのかゴールまであとわずかなのに嘔吐する人も。さすがに人が多くてなかなか友人を見つけることが出来なかったが、運よく見かけた人には大きく声をかけて応援。制限時間まで飽きずに応援を続けた。

来者如帰の方々も私以外は全員完走。羽村まで移動すると楽しい打上げに。諸先輩方の青梅マラソンの歴史や裏話、マラソンやウルトラやトレイルの話など、興味深く面白い話ばかりで時間が経つのがあっと言う間。とても充実した楽しい1日だった。

しかし、3kmしか走らなかった割には長いレポートだよね(苦笑)。

第43回青梅マラソン
日時2009/ 2/15(日)
場所東京都青梅市
天気
距離30km
タイム故障よりDNF 31:27(3.0km)



oume2009.jpg


posted by サンタパパ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョギング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。