2009年02月18日

SNSとblog

私的コミュニケーション・ツールの使い分けについての憶え書き。


現在、ランニングについてはジョギング専用SNSとこのblogを使ってネット上に歩みを残しているが、これまで2年間、一貫してその性格上ツールとしての使い分けをしている。

私にとってSNSはというのは、閉じた半匿名性の場であり、Social Network Serviceという名の通りお互いのコミュニケーションを促す場だと思っている。NIFTY ServeやPC-VANなどと言った昔のPCの通信とある部分共通するところもあって、同じ趣味の者同士、コミュニケーションがとりやすい。その分、リンクで友だちになる人の数も次第に増えてくる。

私の場合、いい年してあいさつひとつできないおとなはもちろんのこと、一定期間自分のページに書込みがないとリンクをはずすようにしているが、ひとつには多忙で更新できない場合はともかく、当人のページに更新があるのに書込みがないのは読んでいないか、興味がないかと思われるので、リンクしている必要性を感じないため。社会人としてあいさつと気づかいは基本だと思っている。また私も、それが楽しいというのもあるしまたコミュニケーショのためにも、少ないながら機会があるごとにリンク友だちに内容に即したコメントを書くようにしているが、それがなんか一方的な恋文のような虚しいことはいやだ(笑)。隷属関係はいやだし、友だちとしては対等な関係でいたいしね。

ただ、これまでもリンクを切ったからといってオフラインでは友だちだったりするし、それで会わなくなる人は所詮それまでの関係だったということ。再度、リンクを申し込んでくる友だちも少なくない。

blogはweblogだから、その点あくまでもweb上のlogとして考えている。もちろんコメント機能はコミュニケーション・ツールとして
可能な限り活用したいし、こちらは会員制でない完全オープンの匿名性が若干高いとしてとらえている。ツールの機能に依存する使い勝手の違いもあって、一長一短だとも思うけど。


ラベル:物言い
posted by サンタパパ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。