2009年03月01日

東京レインボーウォーク

決めた!

これまでの生ぬるい生活から抜け出し、俺はハードボイルドに生きるのだ。

遠くで何かが鳴る。俺は反射的に飛び起きると身構えた。朝だ。CASIO SLEEP BUSTER TWIN BELL SOUND ALARM TQ-642に左手を伸ばすとアラームを切る。俺のかわいい相棒だ。

枕元のバーボンの隣のコップに水を入れると、一気に飲み干す。冷たい感触に身体中が蘇ったように反応する。この世界、一瞬の油断が命取りだ。素早く準備をするとドアを開け、凛とはった外の空気に身を投じる。今日のターゲットはを狙うため、レインボーブリッジに向けて足を踏み出す。

まだ明けやらぬ薄明の中、夜通し目を射る灯りを前にした。俺は指を高く鳴らすと店に入る。習慣?あるいは一種の儀式と言ってもいい。シガレットチョコとデイリースポーツを手にすると、乱暴にレジに放る。相変わらずどこが勝ったか判らない見出しだが、オープン戦で赤星は1試合連続安打を継続している。レジの娘は釣銭を両手で添えて返す。

「俺は目的を果たすまでは女は抱かないことにしてる。惚れるなよ。チャオ」

俺はそう言い残すと踵を返し、颯爽と店を出る。後ろで心打たれた娘の感嘆する声が聞こえる。

「ナァニィ?ぁれぇ?チョーぅけるんですけどぉ?」


やめた!

疲れるし、チョー無理がある。なにより、こんなことしてたらいつまでたっても目的地に着かん。


ということで、気を取り直して「インドの山奥で〜修行して〜」と歌いながら、台場に向かう。かつてペルリが来航したことを期に海上砲台がでたと言われる地だが、今や東京臨海副都心として商業施設も立ち並び、都会的でおしゃれな場所としても知名度があるらしい。その象徴的なランドマークのひとつが首都高速道路11号台場線・東京港連絡橋、通称レインボーブリッジで、1993年に竣工して以来、その吊橋特有のフォルムと夜間のライトアップで人気を博しているようだ。

このレインボーブリッジは交通の要所であるため、開通以来横風の強い荒天を除いて閉鎖されたことはない。遠藤雅彦の「東京マラソン」によれば、都知事が東京マラソンの計画に当たって唯一希望を出したのがレインボーブリッジをルートに入れることだったそうだが、実現に難があったので却下された旨の記述もあった。

そのレインボーブリッジを初めて封鎖してウォーキングを行おうというのが、この日の「東京レインボーウォーク」というイベント。オリンピック招致のデモンストレーションの一環でもあるらしい。当然人数は限定されるので、5,000人の定員に対して約4倍の2万人近くの応募があったらしい。橋好きの私も、普段歩けないレインボーブリッジの上段を自分の足で渡れるということで応募してみたところ、なんかラッキーにも当たってしまった。しかし、しまなみ海道で広島から愛媛まで本四連絡橋を7つ走り渡ったり、山口県に角島大橋を走るために行ったり、学生時代に土木をかじったとはいえ、どんだけ橋フェチ、橋萌えなんだか(苦笑)。

ランニングと違って普段着なので現地での着替えはなし。ナンバーカードその他は1ヶ月前に自宅に郵送してくる。その中にはオリンピックの青、黄、黒、緑、赤のどれかの色の手袋とマフラーも同封されていて、着用が義務づけられている。私の色は黄色。東京戦隊レインボーレンジャーのキレンジャーだ(苦笑)。カレーは好きだぞ。

trw01.jpg
trw02.jpg

空はどんよりと雲の厚い不穏な天気。スタート位置のお台場海浜公園に着くと、もう大勢の人がごった返している。自分の色の場所に並ぶと、8:30から開会式。副知事のあいさつや、古田敦也氏、佐藤真海選手、福原愛選手らゲストの紹介、日本ウォーキング協会からの注意事項などが行われた。しかし隣にいた参加者のおっさん、このイベントにいちいち口に出してツッコむ(苦笑)。

司会 「それでは東京都副知事のごあいさつです」
おっさん「副知事?格ががくんと落ちるなあ」
副知事 「え〜、あまり話を長くするなと言われてますが〜」
おっさん「長いのはかんべんしてや〜」
副知事 「〜ということで、話を終わります」
おっさん「なんや。長ごないやん」
司会 「ゲストを紹介します〜」
おっさん「だれや?・・・・・・オオッ、ホンマや。藤田やん」(古田です)
司会 「スタートする頃には青空が見えてるといいいですね」
おっさん「そら無理っちゅうもんや」

おっさん、もぉええて。わかったから、ツッコミなや。と、小心者なので心の中でツッコむ私。

8:50にぼへ〜〜〜という間の抜けた汽笛(?)のような音(苦笑)と共に、いよいよ東京レインボーウォークがスタート。青、黄、黒、緑、赤の順に4列に並ぶと、誘導に従ってゆっくりとレインボーブリッジまで向かっていく。さすが5,000人だけあって、最後尾が会場を出たのは30分以上経ってからのようだ。雨はぽつりぽつりと落ちているか落ちないかといった感じ。ところで会場でかかっていた曲で沢田研二の「TOKIO」はいかがなもんか(笑)。まあ、いいけど。

行程は約7km。橋を経験した人はご存知だろうが、高低差は意外にあって約60mだからビルの15階相当。橋の長さ自体は798mで、残念ながら対岸で陸に降り訳ではなく、芝浦の地の上まで来たところで橋の上で降り返し、お台場海浜公園まで戻ったまだその先の潮風公園まで行くことになる。会場の沖には警視庁の巡視艇がわんさかと集結している。ちょっと壮観だ。

trw04.jpg

ぞろぞろと歩いていくと、やがて料金所が見える。電光掲示に「レインボーウォークのため入口閉鎖中」とあり、気分が盛り上がる。

trw03.jpg

そこから上り坂で高速11号に合流すると、いよいよ橋の上だ。ここからは普段どうやってもゆっくりと見ることができない風景が広がる。天気はよくないものの、やはりこういう風景はいいね。嬉しくなってくる。

trw05.jpg

危険防止のため、指示がある場合を除いて歩みを止めてはいけないので、日頃ランニングで鍛えた腕で歩きながら写真を撮影。確かに歩みを止めて写真を撮る人が多くいたが、ぶつかりそうになって危ない。また、一休和尚ではないが、橋の端を歩くと危ないので、端に寄らないようにロープを持った係員が満遍なく見守っていた。

上空は10機を超すヘリコプターがカトンボのように舞っている。私はすたすたと歩いているうちに、いつの間にか周りが青一色に。団体行動ができない人間よのう(苦笑)。雨はちょっと小雨程度になってくる。

trw06.jpg

対岸で1度目の折り返しで、ジャンクションに入るための2度目の折り返し前。9:55に列が止まる。そして、芝浦沖に停泊している消防艇から5色の水が放水。アトラクションの一環だ。多分、地球にやさしい染料を使っているに違いない。

trw07.jpg

折り返しでは先頭を歩く古田敦也氏、佐藤真海選手、福原愛選手らゲストに手を振りながら、名残を惜しむように橋を降りていく。いい体験ができたなあ。

trw08.jpgtrw10.jpg
trw09.jpgtrw11.jpg

お台場海浜公園から潮風公園まではそこそこの距離があるが、海を右手に木々を左手に見ながらの気持ちのいいコース。そして11:40にはゴールイン。しっかりゴール・ゲートまであるとは思わなんだ。

trw12.jpgtrw13.jpg

ゴールではお得意の東京水にハガキ大の自己記入式完歩証、そして公園芝生内に敷くためのレジャーシートがもらえた。東京マラソンのゴール後のヒート・ジャケットといい、このあたり都はセンスもあって運営がうまいね。お台場に店がある「宮廷焼肉 千の花」の出店があって、100円で紙コップ分の朝粥が振舞われていたが、これがとてもおいしくて満足。雨もあがり、ビールを飲んでアトラクションの東京体操(苦笑)を見て一息つくと、抽選を待たずに会場を後にした。

trw14.jpg

実はこの日は、都のいくつかの博物館に参加したナンバーカードを見せると無料入場できる特典がある。かつて両国に住んでいた時に行ったこともなかった江戸東京博物館もその中にあるので、せっかくだから行ってみようと思ったのだ。ちなみに行くまでは名前は大江戸博物館だと思ってたよ(苦笑)。駅前で昼ちゃんこ定食と佐渡の鬼殺しでエネルギー充填。今年も佐渡、行きたいなあ。落ち着いたところで江戸東京博物館の展示を楽しんだ。会場内の復元された日本橋を渡れたのが嬉しい。って、どんだけ橋フェチ、橋萌えなんだか(苦笑)。

trw15.jpg

帰宅後一眠りした後で、来週を見越して0.5kmを3:40と軽くジョギング。今日は歩いただけなので足にダメージはないが、まだわずかに痛むのが気になる。本当に来週はどれだけ走れる状態になっているのやら。


東京マラソン  遠藤雅彦著(ベースボール・マガジン社新書)
東京マラソン (ベースボール・マガジン社新書)


ラベル:ウォーキング
posted by サンタパパ at 23:30| Comment(4) | TrackBack(1) | 大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しそうなリポートよんで、ウォーキングもいいなって思いました。

足、まだ痛いんですね・・・。早く治るといいですね。早く?というか、しっかり完治するようお祈りしています★
Posted by STEP 白 at 2009年03月04日 03:27
>STEPさま

どうもご愛読、ありがとうございます。走るのはかつては大嫌いだったんですが、昔から歩くのは全然苦にならなかったんです。その割にウォーキング大会は今回初めて参加しました。都心でもいろんな鉄道会社がウォーキング大会を催してますが、うちの会社のウォーキングが趣味の役員によれば、結構楽しいそうですよ。

足の心配、ありがとうございます。あと本当にちょっとみたいなので、様子をみながら過ごします。
Posted by サンタパパ at 2009年03月04日 22:28
超ハードボイルドに始まって、いきなりレインボーマンの唄は反則っすよ〜(爆笑
今の若い人ほとんど知らないんじゃ・・・?
東京レインボーウォーク、雨模様のようでしたが、貴重な体験でしたね。
僕も参加したかった〜。
Posted by 完走イモ at 2009年03月06日 09:47
>完走イモさん

本当は全編ハードボイルドで押し通す予定だったのですが、地球上では3分間しかもちませんでした(^^;。レインボーブリッジと台場だったので、ついつい歌を口づさんでしまいました(^^;。

こういう企画、滅多にないので参加できてよかったです。
Posted by サンタパパ at 2009年03月07日 11:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「東京レインボーウォーク」の動画
Excerpt: Mr.ETCです。 東京レインボーウォークの動画ができました。 今週はこの話題で
Weblog: Mr.ETCのブログ
Tracked: 2009-03-09 16:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。