2007年05月13日

PARACUP2007 世界の子どもたちに贈るRUN

今日は4/21、5/5に続いて3回目の大会参加。初めて大会に参加しようと思ったきっかけのイベントだ。

この大会の情報を見たのが春先の代々木のプロントの男子トイレ。ライブやブログでチャリティにも参加していたし、10kmが走れるようになってきてたので、モチベーションを上げるためにも参加しようとメモしたのがきっかけだった。結果としてその前に2つ大会に参加をしたのだが、この大会が目標のひとつではあった。

朝早くから起きて新丸子へ。足の調子はちょっと痛いものの、まずまず。昨日よかったキネシオロジー・テープとサポーターで保護して出陣。天気も曇り空で、この時期ではちょうどいいコンディションだ。



これまでの2回もチャリティ・マラソンだったが、今回は参加者も1600人以上いるみたいで、運営も大変しっかりしている。事前の女性2人の指導による楽しいエアロビクスあり、待ち時間のアトラクションあり、宮崎地鶏や手作りケーキなどの出店あり、スタート時やコース途中の応援団ありと、バラエティに富んでいて飽きさせない。これを300名のボランティア・スタッフで支えているそうだ。すばらしい!ぜひまた来年も参加したい大会だ。ゴールして、フィリピンの子供たちの手作りによるネックレスを首にかけてもらった時には、正直ちょっとじーんときた。

コースも河原のサイクリング=ランニング・コースらしく、平坦でかなり走りやすかった。左膝が万全ではないにもかかわらず、一応自己ベスト更新。休みながら食って飲んで、幸せなひと時をすごせた。

para.jpg

参加賞の黄色いTシャツもいい素材でかっこいいデザイン。SOY JOYとアミノバリューもいただいた。ユニークなのが未来の自分にハガキを書けるコーナーがあって、来年の頭に届くのだそうだ。

閉会式後に駅の近くの丸子温泉にとっぷりと浸かって養生。幸せ、幸せ、幸せ。入浴は人生の大事な糧だ。

風呂から上がって新丸子に近いベーシストの友人に電話して、武蔵小杉で飲む。話がはずみ、ついつい長居を。

来週の箱根も楽しみだが、膝の完治も待ち遠しい。








PARACUP2007 世界の子どもたちに贈るRUN
日時2007/ 5/13(日)
場所神奈川県川崎市 多摩川サイクリングロード
天気
距離10km
タイム52:19



ラベル:故障 チャリティ
posted by サンタパパ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。