2008年01月27日

第56回勝田全国マラソン大会

この大会にエントリーするきっかけになったのが、第2回東京マラソンの落選。代わりに近い時期で出るのにちょうどよさそうな大会を探して、勝田全国マラソンに白羽の矢を立てた次第。よもや2次抽選で東京マラソン出場切符を手にするとは思っていなかった。

走りやすいコースだという噂を聞いていたので、昨年末に右足首の腱鞘炎が完治してからは、今年のまず最初の主要ターゲットとして考えていた。12月はその腱鞘炎で走りこめなかったが、目論見では1月は週1〜2回のLSDに加えてレースを刺激走としてトレーニングを積めば、2回目のつくばマラソンと同等以上、恵まれた気候と体調がピークであればサブ3.5を狙えるかもしれないというスケベ心もある。

ところが年頭から仕事が鬼のように忙しく、徹夜徹夜で走る時間もままならない。休養は大事なので休む・・・というよりはサボるのは得意だが、故障をしていないのなら3日ぐらいに1回は走らないと筋力が落ちるのはよく知っている。実際、筋力が落ちているような感じがするのが、ちょっとやばい。

また昨秋からリバウンドを続けている体重は、年末年始の宴会攻めと仕事のストレスによる過食で少しずつ増えていっている。それを減らすためにもジョギングは不可欠なのだが、それがままならないのだ。俗にフル・マラソンでは体重が1kg減ると3分タイムがよくなると言うが、初めてのフル・マラソンである田沢湖マラソンの時から6kg、2回目のフル・マラソンのつくばマラソンの時から5kg増えている。まずいじゃん(汗)。

そんなこんなで計画倒れに終った勝田全国マラソン攻略。これで走るなんて、フル・マラソンをなめてると怒られても仕方が無い。問題はどのくらいのペースで走るのが吉なのか、ポイントが絞れないまま当日を迎えた。

夜明け前に家を出ると電車で現地へ。勝田駅でジョグノートのおともだちのKNさんと待ちあわせる。KNさんは九州にいながらほとんど毎週全国どこかのフル・マラソンを走っているようなパワフルな人。人柄のよさが文章からもにじみ出ている方だったが、お会いして、そのままの人柄のよさがより身近に感じられた。駅構内の喫茶でしばし談笑。来週の青梅、2月中旬の東京マラソンでもご一緒するので話も弾む。

勝田には何度も出ておられるというKNさんの案内で、受付会場まで歩く。商店街には勝田全国マラソンのテーマ曲が会場からの生放送で流れ、町を上げての一大イベントであることを物語っている。


katsuta01.jpg

会場で着替えていると、ジョグノート仲間のAさんから携帯メール。同じく仲間のTさんも会場にいることを知り、KNさんと一緒に挨拶をしに行く。TさんとKNさん、初対面なのにチャレンジ富士五湖の112kmに出ようということで盛り上がっていた。こうして打ち解けられるのがいいやね。

同じくジョグノート仲間でまだお会いしたことのないKTさんに連絡。受付前でお会いできて挨拶。あれよあれよという間にスタート時刻が近づいてきた。

気温はちょっと肌寒い程度。赤と黒のウェアにオレンジのアーム・ウォーマー。CW-Xの機能タイツに青のシューズでスタート位置に立つ。11:00に号砲と共にレースが始まった。

人数の割りにスタート位置までは思ったよりも早く着き、人がばらけていくにつれて足を速める。勝田は制限時間がゆるいということもあるので、前半行けるところまで行けば後は歩いても完走ぐらいはできるだろうと腹を括ってスピード・アップ。はたして4kmぐらいで足に軽い疲労を覚えて焦るが、8kmぐらいから逆に急に足が軽くなる。12kmぐらいのところで得意の下り坂をボーナス・ステージにして一気に駆け下りる。10km、20kmと5'00"/kmを切ったでき過ぎのペースで走れた。こうなるとどこまで行けて、どこでがくんとペースが落ちるか、ほとんど黒髭危機一髪状態。行けるとこまで行ってくれと、祈りながら走るしかない。

最初は10km過ぎるまで給水もないような状態だったが、次第に公設エイドのみならず私設エイドも増えて、沿道で応援する人も多くいる。ひとりひとりに手を振る余裕は無かったが、女性グループに愛想を振りまいたり、子供とハイタッチをしながら気持ちをもらって後半戦。

実は朝、がんばってもお通じがなかったので予想はしてたが、20kmを過ぎたあたりからじわじわと下がエマージェンシー。シティマラソン福岡の轍を踏まないようにと、用意していたストッパ(下痢止め)を飲んだのだが、飲んだタイミングのせいなのかその後もだんだんカラー・タイマーの点滅が徐々に短くなっていく(苦笑)。併せて31kmぐらいから足がぐっと重くなってくる。「来るものが来たな」と思いつつ力を込めるのだが、力の込め具合も考えないと下の方が危ない(苦笑)。

このままだと精神衛生上もよくないので、トイレの場所に着くと素早くバラストを投下して戦列に復帰。その間1分ちょっと。復帰後、疲れたなりのペースをつかむまでにちょっと時間がかかったが、気持ちも身体のさわやかになり、結果的にいい判断だったと思う。

35km過ぎからは半分もがくようにしながら、手を無理やり大きく振ると足を前に押していく。天地開闢以来とは言わないが、自分の人生の中でもこれだけ必死に走ったのは初めてかも。頭の上で黒いサンタパパが「もう、やめちゃえよ。しんどいだろ!」と言ったり、白いサンタパパが「あと少し。まだ行けるから!」とかぐるぐる回りながら言ってたような気がするが、ゴールと共に全部忘れてしまった(苦笑)。

katsuta02.jpgkatsuta03.jpg

結果、グロス・タイムで3:35:21、ネット・タイムで3:33:30。前回2回目のフル・マラソンであるつくばマラソンの時が、グロス・タイムで3:43:50、ネット・タイムで3:38:33だったので、ネット・タイムでも5分ほど自己新記録を更新。自分でもびっくりのタイム。

あ〜〜〜、しんどかった(苦笑)。

足はがくがく、エネルギーを消耗したからか15:00前の日差しの中でぶるぶる震えながら、振舞われる甘酒を飲んで荷物を受け取り、売店でけんちんうどんと熱燗を買って身体を内側から暖める。

katsuta04.jpg

参加賞は完走するようにと茨城名産の乾燥イモと、Tシャツ。ヨーグルトとバナナももらっちゃった。

katsutaimo.jpg

ひとしきりしてからは、ジョグノート仲間のAさん、Tさんたちとプチ打ち上げ。楽しいひと時。Aさんも2度目のフル・マラソンで前回の記録を更新したとのこと。長い一日だった。


第56回勝田全国マラソン大会
日時2008/ 1/27(日)
場所茨城県勝田市 石川運動ひろば
天気
距離フル(42.195km)
タイム3:33:30(NET)





posted by サンタパパ at 23:55| Comment(5) | TrackBack(0) | 大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごーーーーーーーーい。犬人間ではなく、人間犬なのかもしれないと・・・と、最近思うんですよね。
東京マラソン、やはり、紐でひっぱってってもらう案を通させていただきたいのですが・・・
Posted by 白滝 at 2008年01月29日 01:53
なんどもすみません。今頃ですが、リンクさせていただきました。リンクの方法、思い出せなかったのです。脳みそ疲労骨折中のため。
Posted by 白滝 at 2008年01月29日 01:58
>白滝さん

どうもありがとうございました。

人間犬ですか(爆笑)。人面犬や人間椅子じゃなくてよかった(^^;。

東京マラソン犬ぞり作戦、ヘタれな私は途中ではさみで紐をチョッキンしちゃうかも(^^;。どちらかというと、首にブランデーを下げて行く救助犬役の方がいいなあ。

リンクしていただくととてもうれしいです!どうもありがとうございます。
Posted by サンタパパ at 2008年01月30日 07:08
勝田全国マラソンのタイム良いタイムでしたね。昨年湘南マラソンでの私のタイムとほぼ同じくらいのタイムです。このくらいのタイムだと最後までずっとしっかり走れたことと思います。自己ベストおめでとうございました。若いのでまだまだ伸びますね。東京マラソンの追加抽選の当選良かったですね。私は2年連続外れでした。今週は青梅30`ですか。私も25年くらい前から参加しています。サンタパパさんのゴール予想タイムはたぶん寒さと気温にもよりますが、2時間20〜24分くらいだと思います。調子が最高であれば2時間15分代までねらえるかもしれませんね。私は2時間23分前後でゴールしたいと思っています。それではまた。
Posted by ウルトラマン at 2008年01月30日 09:44
>ウルトラマンさん

毎度、ありがとうございます。思いの外、いいタイムが出て、自分でもびっくりしました。

私ももう50に手が届こうとしていますので、もうそんなに若くはないです(^^;。まだ始めて1年ぐらいなので、今が伸び盛りのピークなのでしょう。そろそろ頭打ちではないかと思います。

青梅は足がいい状態だったとして、2時間半前後ぐらいで行ければと思っていました。プチ故障をしてしまったので、足と相談しながら行こうかと思っています。

私はL903ですので、もし見かけたら声でもかけてください。相当に人が多そうなので、海岸で豆粒を探すような状態だとは思います。
Posted by サンタパパ at 2008年01月30日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81125691

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。