2008年02月09日

白いランニングシューズ

今回、足底腱膜炎になったことで、インソールなどを試してみているが、いいシューズがないかとも思って探してみた。前回、NIKE AIR PEGASUS+ 2007 AFを買った時は昨年秋だったので、今現在はまた新しいラインナップが出ているかもしれない。実際、シューズの新製品発売サイクルは目まぐるしく、欲しかったシューズが廃版になったということもよく聞く。

また、クッション性がいいシューズは、完治した後も長距離に使えるというもくろみもある。

仕事で時間がなかったのであまり店を回らずに大型店でクッション性のいいシューズを訊く。私の場合、好きでNIKE+を使っているので、その中からの選択。お店の方のお勧めは、AIR MAX 180+ IIIとAIR PEGASUS+ 2007 AF。後者は持っているので、前者をその場で試し履き。なるほど、割といい感触で、クッション性がよさそうだ。

airmax1803.jpg

残念なのがお店には白しかなかったこと。現行でも黒と2種類しかカラーがない。みっちょん(芳本美代子)の「白いバスケットシューズ」はよく聴いたが、白は汚れやすいし、ありふれ感があって好みではないのだ(苦笑)。

とりあえずは足の保護優先なので、まずは買ってみることに。いい感じだったらまた考えてみよう。

ちなみにお気に入りのNIKE Air Zoom Moire+だが、色を変えてまだ現行機種のようだ。昔の色は出さないのかな?


ラベル:シューズ
posted by サンタパパ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。